心理カウンセラーの仕事に就きたいなら|専門資格の取得を検討しよう

就職には資格取得が有利

勉強

資格は難易度が異なります

仕事の幅を広げる為に大いに役立つのが資格です。民間の資格でも有意義な資格は数多くありますが、どうせ取得するのなら、社会的認知度の高い国家資格を取得するのが何かと有利です。国家資格は大きく3つに分けられます。まずは業務独占資格です。国が知識や経験、技能について基準を満たしていると判定した者に対して当該業務に従事する事を認める国家資格です。業務独占資格の一覧には医師や弁護士、税理士等があります。これ等は資格を有していなければ、業務をする事が禁止されている資格です。取得すれば、就職や転職等でかなり有利な状況となります。しかし業務独占資格を取得するのは容易ではなく、難易度の高い国家資格ばかりです。取得するには、何年間も勉強しなければならないので、誰もが取得できる資格ではないです。そして名称独占資格は資格を持っていなくても業務に従事する事は可能ですが、肩書きとして名乗る事ができない国家資格の事を言います。名称独占資格の一覧には栄養管理士や介護福祉士等があります。実際には資格を取得していないのに従事している人は殆どいないです。そして必置資格は事業所においては必ず設置する事が義務付けられている国家資格です。取得すれば、会社等で手当てが付いたり、上の役職に配置されたりするので収入アップに繋がります。必置資格の一覧には宅地建物取引士や保育士等があります。これ等の資格の中には、独学で取得可能なものもありますが、専門のスクールに通わなければ取得できない資格が殆どです。通信教育もあるので、時間を上手に利用すれば資格取得への近道になります。国家資格の一覧の中には自分が就いている職業やこれらから目指す職業に関係する資格があるので、難易度やどの分類に属しているのかを確認しておく事が必要です。