心理カウンセラーの仕事に就きたいなら|専門資格の取得を検討しよう

リハビリの専門家

カウンセリング

どういう仕事をするか

理学療法士になるためにはまず国家資格を取得しなければなりません。その国家資格を取るためには、理学療法士になるための学科のある大学に進学するか、養成学校に進学して3年以上通って卒業するかでなければ受験資格を得ることができません。理学療法士は病気や怪我によって身体に障害を持った人が行うリハビリステーションのサポートをする専門家であり、技術のみならず患者とかかわるためのコミュニケーション能力も要される仕事です。そのスキルをしっかりと習得できるようになるために、大学又は養成学校で長期間学ぶことが必要となります。理学療法士になることができれば就職率は高く、ほとんどの人が病院や介護施設などで働くことができるといわれているでしょう。人によっては「養成学校に通うよりも大学に通うほうが就職率が高くなるのではないか」や「大学に通うほうが良いところに就職できるのではないか」という声を出されることがあります。しかし理学療法士の場合は大学と養成学校とでは就職に関して変わりはないのです。患者の身体を、障害から日常の生活ができるようにサポートする立場なので、なかなか責任のある仕事です。しかし、その患者のサポートをしながら回復していく姿を見ることで、やりがいを感じて取り組む人も多くいる傾向にあるのです。多くの人とのコミュニティも重要とされるため、人の役にたちたいという気持ちを持つ人に向いている職業と言えるでしょう。