心理カウンセラーの仕事に就きたいなら|専門資格の取得を検討しよう

目指すべき資格を定める

勉強

医療系のお仕事を目指すなら、まず国家資格を一覧で紹介している専門サイトを利用し、医療系の国家資格を詳しく調べましょう。その上で適切な教育機関を探し、資料請求やオープンキャンパスを活用しながら準備を進めることが大切です。

詳しく見る

整体師を目指す方へ

施術

腕のよい整体師になるには、学校に通ってきちんとした知識と技術を学ばなければいけません。カリキュラムと就職サポートの両方が充実している学校を選べれば、卒業後に整体師としてしっかりと活躍することができます。

詳しく見る

リハビリの専門家

カウンセリング

理学療法士は病気や怪我によって障害をかかえてしまい、日常生活が出来るようにリハビリステーションのサポートを行なう専門家となります。理学療法士は人に役に立つ気持ちを持つ人に向いており、それになるためには大学又は養成学校に通う必要があります。

詳しく見る

心に関する資格

カウンセリング

心のケアやアドバイスをするための資格として心理カウンセラーが挙げられ、大学院での勉強が必要なものから通信教育で取得が可能となっているものまで複数の資格があります。心の悩みを解消したいという方の役に立つことが出来るので人気です。

詳しく見る

就職には資格取得が有利

勉強

就職や転職を有利に進めていく為には資格の取得が必要です。国家資格一覧の中には希望の職業に就く為に必要な資格が掲載されています。中には難易度の高い資格もありますが、社会的知名度もあり、役に立つ資格が多いです。

詳しく見る

仕事の幅も活躍の場も広い

カウンセリング

知識と技術を身に付ける

ストレスの多い現代社会で、不安や悩みを抱える人たちの話を聞き、様々なアドバイスを通して貢献する仕事として心理カウンセラーが人気です。心理カウンセラーと聞くと精神的な疾患を抱える人の治療に関わるイメージが強いですが、実際は仕事の幅も活躍の場も多岐にわたります。医療現場や独立したカウンセリングで主に治療を目的とする心理カウンセラーは、臨床心理士として働く人が多いです。この場合は人の心と向き合う姿勢や話を聞く技術、具体的なアドバイスだけでなく、身体と心に関する医学的・薬学的な知識も多少必要になり、医師や看護師、薬剤師と連携して働くこともあります。労働者に対してカウンセリングを行う心理カウンセラーは産業カウンセラーと呼ばれることもあり、スキルや人間関係など仕事に関係する悩みや不安に特化しています。この場合は休業や復業、転職など仕事に関する専門的な知識を必要とし、また働きながら通う人に配慮したシステム作り、例えばカウンセリングの日時を夜間や週末にしたりメール、WEBチャットなどでの相談も対応が要求されます。他にも学業カウンセラーや誰でも気軽に通える一般的な心理カウンセラーなど活躍できる場はたくさんあります。心理カウンセラーは定められた資格ではないため、実は誰でも今日から名乗ることができます。しかし、多岐にわたるストレス要因や生活環境、複雑な心理状況、身体への影響など専門的な知識や技術を要求されるため、大学や専門学校、通信講座などを通して知識を身に付け資格を修得することが推奨されます。